11.7に向けて

うん。仰々しいタイトルだ。これだけで読む気なくなる人もいるかも。

とはいえ、僕らヨルノアトは11.7が今年の総決算のイベントになるかもしれないと思っている。
例年なら12月にでかいイベントが続いていたし、なにより12.29は新神楽で開催される愛と誠のDAY4あたりで、僕らの一年での成長度合いを確認できる大切なイベントがあった。
愛と誠については今年も開催されるという発表はTwitterでみたけどヨルノアトにはとりあえず声はかかっていない。
まあ別に準備だけはしていますとかステートメントを出してもいいけど、それはそれでヨルノアトらしくないなあとも思う。

開催されるかわからないことに思いをはせるよりも、今週末の自分達のイベントに気持ちを傾注すべきだと思う。

なんでこんなことを書くか?

正直に言うと、今週末のイベントにしっかりとしたリアリティを持ち切れていないからです。僕が。

開催されたんやからよかったやんって気持ちが自分の中に大きくあることを否定できません。
現場がだんだんと戻ってきている中で、自分達は様々声をかけてもらえる存在だってうれしくなっていることを否定できません。

でもそれじゃダメなんだってことを自分自身に残り時間で叩き込んでいきたいです。

ふわっとしたライブをやるくらいなら死んだ方がいいって思ってます。

観てる人がどう感じたかは僕の方でどうこうできるものではないし、ぬるいって思われたらそういうものなんだと思います。

ただ、自分としては今週の土曜の40分間はすべてを賭けるべきだし、中途半端にやってしまったあとにくる自己嫌悪を思えば、まずは結果どうこう前にすべてを賭けるべき。

活動しているだけで注目してもらえるコロナの日々は、どうあれ僕を蝕んだと思います。

7日のライブは、全部ふりほどく夜にします。

新しい自分になれるか、今の自分すら維持できなくなるのか。

お楽しみにしていてください。