MUSIC FM

一時世間をにぎわしていたMUSIC FMがここ最近また話題になっていますね。
いよいよ全面的に禁止になるようで、タダで聴けた環境を奪わないでという声があがっていたり、音楽はタダではない絶対聞いちゃダメという声も聞こえたり。

僕のこの件についてのスタンスとして、まず根本的な文句がMUSIC FMに対してはあります。
MUSIC FMがどんなものか一回DLしてみたんだけど、予想通り広告が表示されてました。
どういうことかというと、MUSIC FMの運営者はアプリ運営を通じて広告収入を得ているわけです。
で、権利者に対しては1円も払ってないので、身銭を一切切ることなく売上だけ真水で獲得しているわけです。
原価ゼロで在庫リスクもなく商品を売るということをしているわけです。
商売としてこれはありえないし、つまりは犯罪だと考えています。
人の畑に物っている作物を勝手に売りさばいているようなもんです。
これが規制されないとしたら法の不備以外のなにものでもないし、ユーザーにとってどれほど便利でもそもそも存在してはいけないものというわけです。

なので「音楽は果たして無料なのか?」については「いやいや有料です。MASIC FMは違法だったから可能なだけです」というのが僕の回答です。

「無料で音楽を聴ける環境を奪わないで!」という声についてですが、これは正直なところ気持ちわかります。
違法行為に加担している意識を持てと言われても、聴ける環境にあるなら仕方ないじゃないと思うのは自然なところだと思います。
ただ、あくまで泥棒が盗品を売りさばいているのを利用してたけど、その泥棒が捕まって利用できなくなったってことなので、あの頃は便利だったなあと思いながら過ごすしかないと思います。

ってか音楽を無料かどうか論じるとしたらYouTubeですよね。
CDを買わなくても圧倒的物量の音楽に接することができるわけで、音楽は無料なのでは?という概念を浸透させたのはYouTubeの方が影響大だと考えています。

お金のない音楽好きな中高生のためにどうするかって話もあります。
これについては「サブスク利用しなよ」ってことしか言えません。
音楽好きならいくら中学生でも1000円くらいだせるでしょ?昔話をするのもあれだけど僕の時代はレンタルが普及して1枚100円とか300円でカセットテープにダビングできた時代で、さんざん利用してきました。
今は1000円で、それこそ洋楽ならほぼすべての音楽にアクセスできる時代なので音楽への欲求はまず満たされると思います。
「いや、邦楽は聞けない人が多すぎる!」という反論は確かにその通り。
でももう少し待てばいいと思います。
ユーミン、ミスチルと大御所が次々にサブスクに参加してきていることからわかるように、今後どんどんサブスクに邦楽は増えていくと思います。
同時にそれがCDの時代の終わりだと思うと寂しいけど、時代の流れはもうその方向に一直線に進んでいると感じています。

話が長くなった。
MUSIC FMについては、議論するようなものでもなんでもなく違法なものが取り締まられたというただそれだけの話です。
全部忘れてサブスクの登録しましょう。